のんびり、楽しく、手放して

日々のあれこれについて、書いてみようと思います。好きなことは、読書や料理。ものを減らして、スッキリ暮らすことにワクワクしています。

『シンクロニシティ』

シンクロニシティ マネジメント』

っていう本を読んでみました。

 

著者は、最初、ガチガチの「目標設定型人間」でした。

自分の意志と行動力だけで

人生は切り拓けると考えていました。

そして、自分が設定した人生の目標を達成するために、

1年365日24時間、

寝る間を惜しんで勉強していました。

f:id:yasugon1000:20170607121349j:plain

 しかし、あるとき、この生き方に限界がきました。

30歳を目前にして アトピー性皮膚炎が悪化。

精神的にもぼろぼろになって、

退職することになります。

f:id:yasugon1000:20170607121255j:plain

 そして、そのころから、

人生には

目に見えない流れのようなものがある

ことに気づきます。

その流れを読み取り、

柔軟に生きる方向へシフトしていったところ、

シンクロによって、コーチやセミナー講師という

まったく思ってもみなかった職業に就くことになります。

f:id:yasugon1000:20170607132327j:plain

シンクロをキャッチして、

その波に乗れるようになると・・・

「努力」も「がまん」もいらない。

運命に後押ししてもらいながら、

望む人生を生きられるようになるそうです。

 

 

シンクロ・マネジメント

STEP1 

体のセンサー(主に下腹部):快・不快

自分にとって何が気持ちよくて、何が気持ちよくないか

自分の「五感」の心地よさを大事にする

自分自身の「感情」に素直になる

自分が本当はどうしたいのか

   ↓

自分とつながる

 

STEP2 

心のセンサー(心臓部、胸部):ときめき(わくわくなど)

運命的な出会い(人、もの、場所など)が

感覚でわかるようになる

   ↓

周りとつながる

 

どんな意図でお金を使い、循環させていけばいいのか。

「あなたが心地いいと感じること、

望む未来へつながること、

流れた先にいる人たちが豊かになること、

めぐりめぐって世界の豊かさへつながること」

をイメージすればいい。

 

STEP3

魂のセンサー(松果体、頭頂):インスピレーション

フッとわき上がった感覚

(わいてきたインスピレーション)を

ありのまま感じ取るようにしていく

   ↓

流れとつながる

f:id:yasugon1000:20170607134912j:plain

あなたがいきていることそのものが、

使命であり、ミッションです。

 

いまこのときの体験を味わうことが、

あなたの使命です。

 

使命は個人のためのもののはずなのに、

不思議と世の中や社会のためにも

役に立つものになっているのです。

だから、ある意味では

「自分のため」に生きれば生きるほど、

世の中のためになるということです。

どの人のどんな人生にも意味があり、

世界の中での役割があるのです。

f:id:yasugon1000:20170607135204j:plain

 

 

波がきていることを信頼して、

目の前のことに打ち込もう

 

この地球で生きている人は、

全員が何らかの使命や役割をもっているという事実を

信頼して生活してください。

 

それでも、何も手がかりがないと感じるならば、

「いま」やりたいこと、

「この瞬間」すべきことをやっていきながら、

インスピレーションのセンサーを磨くのです。

 

そして、シンクロをキャッチし、

さらに「いま」やりたいことに集中していくのです。

いま、あなたの目の前にあるものが、本当の運命なのです。

f:id:yasugon1000:20170607140639p:plain

 

どうすれば、日々インスピレーションを受け取って、

人生に生かせるのか

『ピンと来たら動く!』

です。

ふと思いつくことがあったら、

引っかかることがあったら、

その感覚に従ってみるのです。

 

サインや予兆は、実際にはシンプルなものです。

「なんとなくそう感じる」

「ふと、こう思う」

「ハッとひらめく」

心のアンテナに何かが引っかかる、

そんな感覚です。

 

「ピンときたら動く」を繰り返すうちに、

そのサインや予兆が、現実のものとなっていくのです。

 

わくわくしながら、一気に読みました。

すでに必要なものは完璧に与えられていて、

すべてうまくいっている。

もっと、信頼して、安心して生きていって

大丈夫。

ホッとします。

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント

夢をかなえる人のシンクロニシティ・マネジメント