のんびり、楽しく、手放して

日々のあれこれについて、書いてみようと思います。好きなことは、読書や料理。ものを減らして、スッキリ暮らすことにワクワクしています。

みしぇるさんの本

 

 

大好きな本について。

『ミニマルに暮らす with 無印良品』。

 

この本、とっても 好きです。

著者のミシェルさんが、自分の心地よさを基準に、

過ごしているせいなのかな。

読むっていうか、眺めていて心地いいです。

無印良品を中心に、まとめられたインテリアも、

とても素敵で、ほ~っ、とうっとりします。

無印良品って、いいよね。うん。

こんな風に、自分らしくミニマルに

毎日を楽しんで生きていきたいです。

 

この本で、いいなあと思ったフレーズ。

 

 

●部屋を整えることは、心を整えること、

そしてそれは

「人生を整えること」につながります。

 

 

 

●他人を変えようとせず、あるがままを認める

他人を変えようとすると、

ものすごい労力とストレスがかかります。

 

「他人はあるがままでいい」と決めてから、

人間関係がとてもスムーズにいくようになりました。

 

他人を変えることに貴重な時間を費やして、

自分もその人も不愉快な気持ちになるのではなく、

他人はそのままでいいと認めて、

自分がワクワクすることに時間を費やそう。

そのほうが楽しいし私もラク。

そう考えると、いろいろなことが良い方向へ動き出します。

 

 

●自分が人にしてあげられる

いちばんよいことは、

「自分が "いい気分" でいること」

・・身のまわりには、心配の種がたくさんあります。

 

たしかに、相手のことを思うことは大事です。

でも、人のことを思い悩むあまり、

自分の毎日の生活を楽しめていないのでは、

まわりの人にもいい影響は与えられないはず。

 

自分が人にしてあげられるいちばんのことは、

「きっと大丈夫!」とポジティブに信じること。

そして、自分の "今" を大切に楽しむこと。

 

 

●時間の質を高める

人生は有限なのだから、大切に時間を使いたいものです。

 

時間の質を高めるために、

私は「自分が好きなこと」をするように心がけています。

 

それは言い換えると、

自分がやりたいこと、わくわくすることに

時間を使うということ。

urauradays.blog.jp

 

 

ミニマルに暮らす with 無印良品

ミニマルに暮らす with 無印良品

 

 

 

 

 

広告を非表示にする