のんびり、楽しく、手放して

日々のあれこれについて、書いてみようと思います。好きなことは、読書や料理。ものを減らして、スッキリ暮らすことにワクワクしています。

湯シャン やってみた

f:id:yasugon1000:20170921101749j:plain

ミニマリストの間では、有名な『湯シャン』。

芸能人でも、湯シャンを実行されている方がいるそうです。

私も、湯シャンをためしてみました。

今は、始めてから半年くらいたちました。

 

湯シャン やり方

 

1・準備

  洗う前にくしでとかす。

2・洗う

 頭皮を、指の腹で やさしく洗う。

 お湯の温度は、低めのぬるま湯で。

(34~35度がいいそうです)

※私は、普通に36度くらいの暖かい温度で洗っていました。

できたら、気をつけるくらいでいいんじゃないかな。

冬は、あんまり温度が低いと、寒いし。

3・乾かす

  タオルドライ

(しっかりと)

   ⇩

 ドライヤー

(地肌が乾き、髪の毛先が少ししめっているくらいでやめる)

 

感想(半年間たってみて)

わかったことは 人間、シャンプーがなくても生きてけるんだ!ってことです。

以前は、(シャンプーしないって、ありえない。)って思っていました。

でも、やってみると、意外に大丈夫でした。

匂いも、至近距離じゃなければ、大丈夫そうです。

 

湯シャンは、楽です。

それから、髪の毛のこしがでてきて、しっかりしてきました。

髪の毛が、しっとりしてまとまりやすくなりました。

以前、毎日一生懸命、シャンプーしていたころは、髪の毛がぱさついていましたが、その ぱさぱさ がなくなりました。

今は、

毎日の湯シャン+たまにシャンプー(髪の毛のべとつきや、汚れぐあいによって。3日に1度の時もあるし、1週間に1度の時もある。)

です。

 

自分にあったやりかたで、取り入れると、髪の毛を洗うのも、髪の毛の状態も、もっと楽に、良くなるかもしれません。 

 

(参考記事) 

 薄毛や白髪を改善!?「湯シャン」の効果とやり方 [ヘアケア] All About

  【医師が教える】話題の湯シャンって効果あるの? 正しい方法と注意すべきポイント | AGAタイムス

  女が1年以上湯シャンを試してみた - NAVER まとめ

 

 

生きてるだけで、いい

f:id:yasugon1000:20170920194540j:plain

 本を読みました。

『サイン 神さまがくれた、幸せの羅針盤

著:龍&アニキ

 

いいことが、いっぱい書いてありました。

でも、結構、マニアックかも。

読む人を選ぶかもしれないです。

人によって、評価がすごく分かれるような、気がするなあ・・。

 

読んでいて、心に響いたのは、

 

魂は、人間として生まれて経験したいことがあるのです。

それは、『悩みたい』『迷いたい』『苦しみたい』ということです。

神の世界は、物事がすぐに実現する、何の苦労もない、素晴らしい世界。

そこには、逆に、苦労を乗り越えるという体験もない。

だから、苦労が多い、この過酷な人間界でまた生きてみたくなるんですね。

つまり、生きるという実感が欲しいんです。

草花は、水、土、光で育ちます。

ということは・・・?

人間にとっての苦労は、魂を育てる栄養なのです。

だから、感謝すべきものなんだよ。

苦労は、だれが作る?

敵対する人や、自分を陥れようとする人が苦労の原因となる場合もある。

でも、こう考えることもできます。

その人たちも、私を育ててくれたんだ、ってね。

苦労を栄養と考えれば、栄養をわざわざ作ってくれたんだからね。

その人たちにも感謝しなければいけませんね。

なるほど・・・。

苦労が栄養・・・。

そんな考え方も、あるんだ。

でも、いやだと思っていた人、非難してくる人、理不尽に怒りをぶつけてくる人に感謝・・。

あまり、感謝したくないなあ。

ぐっ、ぐうう。

栄養(苦労)を与えてくれて、あっあっありがとう・・。

大変なことがあっても、もしかしたら、このこと(大変なこと)を私(の魂)が体験したかったのかもしれないなあ。

そう思うと、少し心が穏やかに、じたばたしないで、現実に向き合えるような、そんな気がします。

 

 人間の使命、それは人生を謳歌し、生き切ることなのです。それ以上に大切なことはありません。

人間には、人生の目標やゴール、意味はいくらあってもいい。

そしてそれを見つけることが、人間の楽しみであり、価値のある素晴らしい作業です。

でも、極論をいえば、ゴールも意味も、べつになくてもかまわないのです。

君たちには、命に感謝して、最後の一滴まで、使い切ってほしい。

それが、人間の『使命』なのです。

どういう人生でも、全てに価値があります。

どういうゴールを決めて、どういう結果に終わっても、まったく、何の問題もありません。

どういう意味を与え、どういう状況に終わっても、です。

 うーん・・。

要は、目標を立てて、努力してがんばるのも、素晴らしいけど、

そうじゃなくてもいいよ。

生きてるだけで、それだけで価値があるんだよ。

って言っているのな。

これを読んで、気が軽くなりました。

がんばっていない、自分でも、OKなんだ。

たくさんのお金を稼ぐことができなくても、

たいした、すごい仕事をしていなくても、

すごい美人じゃなくても、

のんびり屋で、欠点がたくさんあって、人からは、天然だね、とか、変わっているね、とか言われる私でも、もしかしたら、いいのかもしれないぞ、と思えるようになってきました。

神さまから、宇宙から見たら、人間は、みんな、存在しているだけで、価値があるみたいです。

みんな~、みんな、すごい価値のある、存在なんだよ。

いてくれて、ありがとう!!って、言いたいです。 

 

サイン ~神さまがくれた、幸せの羅針盤~

サイン ~神さまがくれた、幸せの羅針盤~

 

 

ダイソーで買ったもの

ダイソーで買ったものが、とても優秀だったので、書きます。

私は、スウェット地のショルダーバッグが、毛玉がつくので困っていました。

そこで、こんなものを見つけました。

ダイソーの毛玉取り!

単三電池を2本使用します。

使ってみて、とってもいい!です。

気持ちよく、毛玉が取れます。楽しいです。

使っているときは、電動髭剃りみたいな、音がします。

 100円で、これだけの性能があるなんて。

大満足です。

 毛玉が取れて、ショルダーバッグが、生き返りました。

f:id:yasugon1000:20170919021554j:plain

 

ダイソーでは、来年の手帳も、もう出ています。

手帳は、毎年、いろいろなものを使ってきました。

1500円くらいのものを使ったときもあるし、3000円台の手帳を購入したこともあります。 

今まで使ったものの中では、ジブン手帳が、比較的、良かったです。

 

ジブン手帳のご紹介 - ジブン手帳2018│コクヨ ステーショナリー

 

いよいよ発売!ジブン手帳 2018 は、使いやすさ断トツNo1 PCまなぶ

 

手帳は、使いこなせないことが多かったので、来年は、ダイソーの手帳を使ってみることにしました。

いろいろな柄があり、かわいいです。

サンリオの、ハローキティーや、ぐでたまの柄もありました。

この柄にしました。

中身も、とてもシンプルです。

来年は、もっとシンプルに生きます!

f:id:yasugon1000:20170919021613j:plain

ダイソー100均手帳2018スケジュール帳 ダイアリー【画像】シール リフィル他 | オシャベ

我が家の収納

秋です。

家に飾っているものも、取り替えました。

これは、2階のトイレです。

紅葉の葉っぱ(造花・ダイソー)です。

f:id:yasugon1000:20170918124819j:plain

 

2階のトイレの、収納です。 

 トイレットペーパーを予備に1個だけしまっています。

f:id:yasugon1000:20170918124844j:plain

 

階段の踊り場の窓です。

これも、ダイソーで買いました。

造花です。 

f:id:yasugon1000:20170918124918j:plain

 

 1階のトイレの収納です。

 トイレットペーパーと、手拭き用の使い捨てのペーパータオルの予備と、便座マットです。

トイレットペーパーは、シングルのもので、100メートル(通常の2倍の長さ=通常は50メートル位)のものを使用。

トイレットペーパーが長持ちして、楽です。

f:id:yasugon1000:20170918124943j:plain

 

 玄関の飾り棚です。

庭でとれた、かぼちゃを飾っています。 

f:id:yasugon1000:20170918125005j:plain

 

飾り棚、前から見たところ。 

f:id:yasugon1000:20170918125026j:plain

 

 飾り棚の下の、収納です。

1年を通して、飾るものをしまっています。

かぶとは、布でできています。人から、いただきました。

一番下の入れ物は、蚊取り線香入れです。

f:id:yasugon1000:20170918125044j:plain

 

 居間に、手ぬぐいを飾っています。

秋なので、柿の手ぬぐいです。

f:id:yasugon1000:20170918125112j:plain

 

秋は、おいしいものがいっぱいあって、幸せです。

それじゃあ、また。

ゆるり まい さんの本を読んで

『わたしのウチには、なんにもない。3』を読みました。

ゆるりまいさんは、自称 捨て変態。

物を持たずに暮らす、ミニマリスト?です。

『わたしのウチには、なんにもない。』の1・2巻では、たくさん物を捨てまくっていたみたいですが、3巻では、落ち着いてきて、ものとの上手な付き合い方について、書いていました。

もののお手入れの仕方についても、書いています。

 お手入れ、大事ですよね。

こんなふうには、お手入れしてないなあ。

ブログの方を、のぞいてみると、とっても生活が、美しいです。

すごいなあ~。

あこがれます。

 

なんにもないぶろぐ